#

月刊「地湧」第3号を読む

#

月刊「地湧」三月号〈目次〉  1983・3


自然の仕組み…………………………………………………………和田重正 4


百姓の出会いを求めて………………………………………………山下惣一 10


観音経のこころ②
観音様は人間の正体だった…………………………………………古川秦龍 15


ボランの広場、早春………………………………………………末吉多江子 20


「易ってなんだか知ってる?」……………………………………田所静枝 26
  大いなる平凡


●地湧の詩● 茸止め山 …………………………………ナナオ・サカキ 32


生かされている日本…………………………………………………清水良衛 34
 —国際社会の中で考える—


ポコロコ医放談③下—かぜ—…………………………ドクトル・なおさん 36


福祉先進国フィンランド……………………………………………加藤善徳 39


ホビのくに (1)………………………………………………………河本和朗 44


異端者の時代 (3)……………………………………………………粋山紀一 50


「ホントウ」と「ウソ」についての話……………………………金光寿郎 55


●ぢゆうぷらざ●
 『母の時代』と『エントロピーの法則』……………………小河酉三郎 60


 自らと自から………………………………………………………笠原進ニ 62


 書評
  『母の時代』と『地湧』………………………………………………… 63


編集後記………………………………………………………………………… 64


月刊「地湧」第3号を読む