#

1960年代後半、東京のテキヤにふとしたきっかけで出会い、

三年にわたって追い続けて撮った貴重な記録

#

まだ写真学生だったころ、地元十条の縁日を撮ろうと、前日にロケハンに

行った時だった。商店街から100メートルほどの長い道に不穏な群衆が動

いていた。時には荒々しくうずまく男たちの熱気と狂気と惰気。私はすぐ

自宅に戻りカメラを取り出し、現場にとって返した。

夢中でシャッターを切った。10分近く経った頃だろうか、私は男たちに

かこまれていた。

「あんた、写真なんか撮ると半殺しなるヨ」

怒鳴るオバさんがいた。一発くるかと思っていると、親分格らしい一人が

「俺を撮ってくれ」と言いながら、体臭をむんむんさせて近づいてきた。

形勢逆転。それから私のテキヤ街頭写真師がはじまった。

                          渡辺 眸

撮影当時「アサヒグラフ」に掲載されて以来、40数年の時を超え、再び

立上がるテキヤの香り。

2017年12月22日まで六本木のZen Foto Galleryにて

「TEKIYA HITOMI WATANABE 渡辺 眸 写真展 香具師」開催。

写真展の詳細はこちら。