#

  

『宇宙経済学(E=M)入門』

所 源亮 + チャンドラ・ウィックラマシンゲ 著

  

ダーウィンとウォーレスの進化論、

そしてその後のネオ・ダーウィン進化論は

仮説の域から脱することはない。

なぜなら、生命は宇宙からやってきて、

現生する生命とゲノムで混ざるから。

なぜそのように主張できるのか、

パンスペルミア説の権威チャンドラ・ウィックラマシンゲ博士と

宇宙生命・宇宙経済研究所を立ち上げた所 源亮氏が示す壮大な生命論。

宇宙で生まれたウィルスが、地球にやってきて、生命の進化を促す。

地球に囚われた視点を宇宙に広げると

いったい何が見えてくるのか?

「人間中心主義」の科学が、観察の目を曇らせている。