#

着る人の内面が輝く
「いのちの服」づくりへ
そして「どこにもない普通の服」へ
進化する著者からの
「いのちのメッセージ」


   いのちのかたまりのような服をつくりたい。
   外見だけを飾るための服づくりをやめ、
   着る人の内面が輝く「いのちの服」をつくるために
   単身タイに渡った日本人デザイナーが語る魂のメッセージ。
   衣のありかたを通して、震災以後の人間と社会のあり方を提案する。

#


#

読者によるレビュー

#

ふう TR 宇宙の里を服に織り込む『あいをよる おもいをつむぐ』

#