シャーリー・マクレーン

  • slide
シャーリー・マクレーンShirley MacLaine1934年4月24日-)
女優。
俳優のウォーレン・ベイティ(「俺たちに明日はない」「天国から来たチャンピオン」「ディック・トレイシー」)は弟、サチ・パーカー(「西の魔女が死んだ」の祖母役)は娘。

16歳でブロードウェイにダンサーとしてデビュー。映画デビューは1955年のアルフレッド・ヒッチコック作品『ハリーの災難』。
1983年には『愛と追憶の日々』でアカデミー主演女優賞を受賞。ヴェネツィア国際映画祭とベルリン国際映画祭でもそれぞれ2回、女優賞を受賞している。
仏教思想をはじめとする東洋文化に傾倒している。娘の名前は小森和子によって名づけられた。
1983年に刊行され世界的なベストセラーとなった『アウト・オン・ア・リム』をはじめ、多くの精神世界に関する著作がある。

公式website

#