#

#

今まで紹介されてこなかったチベットの原点・古代ボン教の魅力を公開!
五大元素《地・水・火・風・空》と私たちは深い関係にある。私たちが病気になるのも、苦しみをおぼ えるのも、五大元素のバランスの乱れが原因。地球のバランスが崩れているのは、地球全体の五大元素が乱れているから……。
五大元素のバランスは、あらゆるものの調和、真の健康、人生の深い喜び、悟りに通じる。
      *
 本書は、チベットのボン教をベースに、シャーマニズム、タントラ、ゾクチェンの教えに即して五大元素のバランスをとる方法を解説した初めての本。
 日常生活のなかで実践できる簡単な方法から、深く霊性の道を究めたい人のための修行法まで網羅する。
【目次】
まえがき
バルドの祈り
序 チベットとボン教
第一章 五大元素
第二章 シャーマニズムにおける五大元素
第三章 タントラにおける五大元素
第四章 ゾクチェンにおける五大元素
用語集
<附録>十二支から見た供養の方位
参考文献
バルドの祈り<五大元素を妙薬とする法>
主要問い合わせ先
訳者あとがき-自然と精神の深い結合

【著者プロフィール】
テンジン・ワンギェル・リンポチェ(Tenzin Wangyal Rinpoche)
インド北西部、アムリトサル生まれ。13歳より、ロポン・テンジン・ナムダク・リンポチェほか多くのラマより仏教、ボン教、ゾクチェンの教えを受け、最高の学位であるゲシェとなる。1988年、ナムカイ・ノルブ・リンポチェの招聘によりイタリアで教える。91年にアメリカへ渡り、ライス大学で比較宗教学を研究。ボン教の教育プログラム構想をもとに、92年、ヴァージニア州にリグミンチャ研究所を創設。アメリカ・ヨーロッパ各地で精力的にスートラ、タントラ、ゾクチェンの教えを伝授。西洋文化への理解が深く、現代人のハートをつかむ教え方には定評がある。
【訳者プロフィール】
梅野泉(うめの いずみ)
兵庫県芦屋市に生まれる。11歳から13歳までエジプト・アレキサンドリアで暮らす。立教大学英米文学科卒業。美術雑誌編集を経て、コピーライターとして勤務。1985年、チベッタン・ラマに出会いフリーとなり、チベット文化圏を旅する。共訳書にジョン・F・アドベン『雪の国からの亡命』(地湧社)、リチャード・カールソン他『癒しのメッセージ』(春秋社)、詩画集に『OIL RABBIT』(私家版)。通訳・翻訳、詩人としての活動のほか「ほびっと村」(東京)で「よみびとの会」を主宰。

梅野泉のページ

#

読者によるレビュー

最初のレビューを書きませんか?

書き方はこちら。