「ネロの木靴」の著者・臼田夜半さんと、「びんぼう神様さま」の著者・高草洋子さんのイベントがおこなわれます。

以下の通りです。

聖ヒルデガルドの医学と霊性

 9月17日の聖ヒルデガルト帰天日を記念した「講演とパイプオルガンの集い」をカトリック成城教会のご好意により、9月16日、世田谷区成城の同教会聖堂において開催することになりました。

                  *

 ヒルデガルト・フォン・ビンゲンは1098年ドイツ中部ベルマースハイムに10人兄弟の末っ子として生まれ、8歳でディジボーテンベルクのベネディクト会修道院に入り、同修道院長を経て52歳でルーペルツベルク修道院を創建します。42歳のとき、「生ける光」とともに神の啓示を受け、最初の書『スキヴィアス』を著したのをかわきりに『生の功徳の書』『神の御業の書』など大部の著を世に現しますが、さらには77曲に及ぶ作詞作曲活動のほか、医学・薬学にも通じ、数多くの奇跡的な治療実績が記録として残されています。2012年10月に史上4人目の女性教会博士として列聖されたことは、まだ記憶に新しいことかと思います。

 この日本でも近年、とくにハ-ブ療法の分野でその名は知られるようになっていますが、ヒルデガルトの医学と治癒のベースには堅牢なキリスト教信仰が存在しています。カール・ユングの「心理療法」や、江戸初期の医家貝原益軒「養生訓」の先駆とさえいえるヒルデガルトの統合医療―その医学と霊性の重心はいったいどこにあるのか。そのことを心身治療の実際に即しながら多角的に検討してゆきたいと思います。

                *

 今回の講演ではヒルデガルトの医学と霊性―「救いと癒し」に焦点を据えながら、ヒルデガルトの霊性及びホリスティック医療の観想家である坂本陽明神父は「ヒルデガルトの医療と信仰」を、そして『聖ヒルデガルトの病因と治療』の編訳者である臼田夜半は「ヒルデガルトの統合治療」をそれぞれのテーマとしてお話しする予定です。

音楽はエルサレム会修道士でオルガニストのダミアン原田によるパイプオルガンで、作者不詳「ファエンツア写本」より、およびダミアン原田作「ヒルデガルト賛歌」ほかを演奏いたします。多くの方々のご来場を心よりお持ちしております。

●お申し込みは下記からお願いします。

https://www.facebook.com/events/650608538470938/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2222%22%2C%22feed_story_type%22%3A%2222%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story

講演

坂本陽明(「聖ヒルデガルトの医療と信仰」著者) 

   講演名 「聖ヒルデガルトの医療と信仰」

臼田夜半(「聖ヒルデガルトの病因と治療」翻訳)

   講演名 「聖ヒルデガルトの統合治療」

演奏

ダミアン原田(エルサレム会修道士)

   演目 「ファエンツァ写本」より「ヒルデガルト賛歌」

日詩  2017年9月16日(土) 午後2時〜午後4時30分

会場  カトリック成城教会

     世田谷区成城2-21-16

     小田急線「成城学園前」駅南口から徒歩約2分

入場料 自由献金

お申し込み・お問い合わせ ako.martha@gmail.com (西田)

_________________________

★★森田克子古民家コンサート in 園部★★

語りミュージカル「びんぼう神様さまもの語り」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎脚色・音楽 森田克子

◎監修 山崎陽子

◎ソプラノ 森田克子

◎ピアノ 沢里尊子

◎原作 高草洋子

むかしむかし…

ある小さな山間の村の小さな家に棲みついた貧乏神はふ~っとため息をついた。

「この家のモンときたひにゃ、なんちゅうことじゃ!

わしがいくら貧乏にしようとしても一向に… まったく、こんな家は初めてじゃ!」

高草洋子が絵と文章を書いて出版(2000年・地湧社)した「びんぼう神様さま」・・・

この作品が「朗読ミュージカル」のジャンルで著名な森田克子さんの目にとまり、森田さんご自身の脚色・音楽によって「語りミュージカル」として新たな命が吹き込ま

れました。

その作品が、なんとらぽーむ自然農園&ダーチャ「ふーよよ亭」で上演されます!

いかにも貧乏神が出て来そうな茅葺きの古民家でのコンサートです。

スペースに限りがありますので定員は40名と少ないのですが、ご興味がおありの方はぜひいらしてください。

・・・・・語りミュージカルとは・・・・・

1992年より森田克子がサロンコンサートで演じてきた朗読ミュージカル(一台のピアノ以外は何もない舞台で、本を手に一人で歌い演じる「文学・音楽・演

劇」が一体となった世界)が、2016年高草洋子原作の「びんぼう神様さまもの語り」初演を機に日本独特の“話芸”をより多く採り入れた新しい表現様式「語り

ミュージカル」として発表された。

・・・・・実施内容・・・・・

◎開催日⇒2017/9/23(土・秋分の日)

◎時間⇒13:30~15:30

  ※開場13:00 ※終了時間はあくまでも予定です。

◎場所⇒京都府南丹市園部町法京堂ノ上11番地

らぽーむ自然農園&ダーチャ ふーよよ亭

◎料金⇒¥5000(税込)

  ※らぽーむ特製のお菓子とドリンク付きです。

◎定員⇒40名 ←完全予約制です!

※10才未満のお子様の同伴はご遠慮ください。

・・・・・お申込み・お問合せ・・・・・

ヘルシーショップらぽーむ

森田克子・古民家コンサート係

TEL⇒072-749-0550

※席数に限りがございます。

お早めにご予約ください。

・・・・・アクセス・・・・・

◎車でお越しの方は・・・

【京都方面からの方は…】

⇒京都縦貫道・千代川インター下車後約20分

【篠山・神戸方面からの方は…】

⇒舞鶴道・丹南篠山インター下車後約30分

【大阪方面からの方は…】

⇒国道173号線をご利用ください。

●農園は府道54号線沿いにあります。

●会場から約200m離れた場所に専用駐車場がございますのでそちらをご利用ください。

坂の下り口に農園の看板が立っています。

◎電車でお越しの方は園部駅までの送迎をいたします。

※ご希望の方は別途「送迎」もご予約ください。

●集合場所:JR山陰本線(嵯峨野線)園部駅西口ロータリー

【お迎えの時間】⇒12時15分

※京都駅11:27発、園部12:10着の列車(普通)がございます。

【お送りの時間】⇒16時00分

※園部駅16:27発、京都17:14着の列車(普通)がございます。

・・・・・プロフィール・・・・・

【森田克子】脚色・音楽・ソプラノ

ミュージカル「白い川」に於いて史上最年少で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

1992年より始めたサロンコンサートで山崎陽子作・小川寛興作曲の朗読ミュージカルを次々に発表。究極の舞台芸術と評される。その卓越したステージは高い評

価を得ており、全国各地で公演。

五年に一度開かれる日本の伝統芸能の祭典「演劇人祭」にも出演。

古民家では初のコンサートとなる。

【沢里尊子】ピアノ

国立音楽大学ピアノ科卒業。遠山八重子、池田早梅、竹下敏子、松井明子、松浦豊明の諸氏に師事。2001年より森田克子の伴奏者として活躍。様々なコンサートでの

やわらかな音色と豊かな音楽性は、温かい人柄とも相俟って高い評価を得ているが、殊に、朗読ミュージカルにおけるピアノは「絶妙のタイミング」と評され、ふたりの

アンサンブルが大きな魅力となっている。立教女学院短期大学非常勤講師。

【高草洋子】原作

画家(日本美術家連盟会員)であり作家。日本画を上野泰郎氏に、水墨画を佐藤紫雲氏に師事する。日本画のジャンルで各地で個展を開催してきたが、一方で「びんぼ

う神様さま」「風と琴」などの文学作品も著述している。

また野草料理研究家の若杉友子氏との親交も深く、マクロビオティックの知識に基づいてヘルシーショップらぽーむを運営し、料理教室やワークショップなどで活躍中。

★★お問合せ・お申し込み★★

ヘルシーショップ・らぽーむ 072-749-0550


コメント欄を読み込み中