16092901.jpg

宮崎県宮崎市加江田にある天空カフェジール。

エコロジーを指向する人たちが集まる80席もある大きなカフェ。かつてここは住宅地に開発するという話があった。しかし、環境NPOの人たちが集まりオーストラリアのクリスタル・ウォーターズのようなエコビレッジにしたいと交渉。すると地主が3400坪の土地と300坪の建物を売りに出すと言い出した。そこはフレンチレストランとハーブ園が営まれていたが、経営が思わしくなく撤退したのだ。建物をそのまま売りに出すと言うことで買おうと手を挙げたのが、ここのオーナー福田久美子さん。2004年1月開店しました。

旦那様がお医者様で、マクロビオティックに興味があり習っていました。何でもお金に換算して高度成長を目指す当時の考え方に違和感をおぼえ、若い世代が手仕事や野菜を自ら作って食べる感覚、自然との共生などを身につけられるようにと天空カフェジールを作ったそうです。

町から少し離れたところにあるレストランなので、普通のレストランをやっても人は来ません。ここでなければ手に入れられないものを提供しようと、習っていたマクロビオティックを取り入れ、自然な衣食住を身近に感じられるレストランとショップを始めたのが功を奏しました。

宮崎にはこのような徹底した環境指向、いのち指向のお店は珍しかったので、しばらくすると、そのような生き方を求める人たちが集まるようになりました。

オーナーの福田さんは地湧社の本のファン。子供を産む前から自然や女性性についての本を読んでいたそうです。その多くが地湧社の本だったため、レストランを始めたときに地湧社の本も売るようになりました。なぜ天空カフェジールがこういう個性的なお店なのか、その説明にもなっています。

#

天空カフェジールのこだわりは、以下の通りです。

“経済”優先ではなく

“いのち”優先の価値基準で

生活することを提案するために・・・

体の声を聴く、そこからはじめましょう。

「私たちのいのちを支えているものを、思い出し感じてみましょう」

太陽・空気・水・土の化身が私たちのいのち。

この一体性を日々実現し、表現するのが・・

「食べる」ということ。

#

東日本大震災の少し前、天空カフェジールから30~40キロほどのところにある串間市に、原子力発電所の建設計画が発表されました。地域が潤うと一般の人たちが賛成していましたけど、天空カフェジールに集まる人たちはそれに反対していました。

2011年4月に住民投票がおこなわれることになり、どうにかして原発建設を中止させようと、天空カフェジールを会場に、鎌仲ひとみ監督作品『ミツバチの羽音と地球の回転』の上映会を企画しました。いよいよ明日が上映会という日に、東日本大震災になったそうです。以来原発の建設は中止されています。

福田さんは言います。

「最近、日本が大変です。ひとりひとりが自分の生活を見直す必要があります。買い物をするということは、その生産者を応援するということ。ひとりひとりがきちんと意識して、どんな未来がもたらされるのか考え消費活動をしないととんでもないことになります」

#

#

一般営業は金・土・日と祝日で、それ以外の日はイベントがあるときに参加者のために営業するとのこと。最近では山本太郎さんと三宅洋平さんのトークイベントをやったそうです。ほかにもヨガや料理教室、その他さまざまなワークショップをやっています。

天空カフェジール

所在地  宮崎県宮崎市加江田6411

電話番号 0985-65-1508

詳細は以下のサイトで

http://tenku-zeal.com

http://tenkucafe-zeal.com

#

オーナーの福田久美子さん。


コメント欄を読み込み中